ピューレパールの特徴とアットベリーの特徴

ピューレパール

ピューレパール

 

ピューレパールの特徴は、7つの成分が配合されています。

 

プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキス、トリプルヒアルロン酸、天然ビタミンE、コラーゲンです。

 

この中でも、トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、天然ビタミンEは、肌に潤いを与えてくれます。そして、しっかり保湿してくれるのですね。

 

また、プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスは、美白成分として入っています。つまり、肌を乾燥から守り美白してくれるのがピューレパールというわけです。

 

美容成分が、肌の奥の角質層にまで届くように、ナノサイズにしてあります。これで、しっかり浸透してくれるのです。

 

アットベリー

乳首の黒ずみとひじの黒ずみ ピューレパールVSアットベリー

 

アットベリーの特徴は3つです。

 

まず内部までしっかり浸透してくれます。そして、表面には美白成分をのせてケアしてくれます。それから、肌を良い状態に保てるようにバリア機能で保護してくれるのです。

 

アットベリーの成分といえば、美白成分、保湿成分、そして植物成分です。

 

スキンケアの基本は、ほぼ同じような考え方により、ピューレパールもアットベリーも、保湿と美白の成分が入っています。ただ、特徴はどちらも同じではなくて、成分は少しずつ違っていますね。

乳首の黒ずみとひじの黒ずみ ピューレパールVSアットベリー

乳首の黒ずみとひじの黒ずみをケアしようと思った時に、簡単な方法があります。それは、黒くなってしまった部分に、クリームを塗ることです。

 

黒ずみケアのクリームとしては、ピューレパールとアットベリーがあります。

 

ピューレパールは

肌の内側の深い部分、角質まで美容成分を浸透させるように考えられたクリームです。肌の奥まで浸透させることによって、内側だけ乾燥状態というインナードライを改善することができます。

 

プラセンタやコラーゲンなど、メジャーな美白成分、米ぬかエキスやビタミンEなどの保湿成分やうるおい成分がしっかり含まれています。

 

アットベリーは

内側と外側からのダブルで肌ケアをして、バリア機能をアップさせて肌を守ろうというクリームです。成分は、保湿成分、美白成分、植物成分とふんだんに用いられています。

 

 

では、黒ずみケアをするときに、ピューレパールとアットベリーのどちらがオススメかというと、ピューレパールです。

 

 

やはり、肌の奥の角質層まで浸透させてくれるというのところがポイントです。内側もしっかり保湿することで、内側も外側も、肌の状態が元気になり、やがて黒ずみを改善してくれるからです。

 

成分は、多く入っていればいいというわけでもありません。厳選された成分がしっかり入っていれば、効果が発揮されることでしょう。

 

ピューレパール